仕切り線


作家名: 後藤京子


パンフラワーとの出会い
私が初めてパンフラワーに出会ったのは35年前。渋谷の東横デパート (現東急デパート)
の手芸売り場で立体的な真っ赤なバラの花を見たときでした 。
『それ』は本物と同じように花瓶に生けられていました。
あれはどのようなものでできているのだろう?思わず尋ね、それが粘土で出来ているもの
だと知りびっくり!指先で粘土をこねて作ったものだということが分かり、感銘を受けました。
そこで粘土を購入し、粘土に触れたのが始まりでした。


出展の履歴

1975年
昭和50年

◆パン粘土と出会い、初めて粘土を購入する。
その後、オリジナル創作活動を始める。

1983年
昭和58年

◆近所の幼稚園のバザーに出品。
主にアクセサリーを主体として創作していた。
◆幼稚園の文化サークルで指導する。

1987年
昭和62年

◆手作りの作品を扱うお店に作品を取り扱ってもらい始める。

1989年
平成元年

◆大手デパートの趣味の手作り展に出展し始める。
◆出展先で作品に興味を持たれたお客様を中心に創作の指導を始める。

1990年
平成1年

◆創作粘土工芸の世界に移り、樹脂粘土、石粉粘土と、パン粘土以外の
素材を取りれる。アクセサリーのほか、室内装飾品を制作し始める。
(フラワーポット、装飾鏡、ドアプレートなど)
◆日本ホビー協会メイト会員加入。

1994年
平成6年

◆自宅にて教室(アトリエプチフラワー)を開く。

1995年
平成7年

◆東京三菱銀行津田沼支店にて展示会を開く。
◆パン粘土の他、石粉粘土、樹脂粘土でアクセサリーの他、室内装飾を制作する。

1996年
平成8年

◆浦安ブライトンホテルリース展に出品。
◆世界ラン展東京ドーム美術工芸部門入選。

1997年
平成9年

◆北海道ホビーショーに出品。メーカー賞受賞。
◆世界ラン展東京ドーム美術工芸部門入選。

1998年
平成10年

◆世界ラン展東京ドーム美術工芸部門入選。
◆千葉興銀にて三人展、アートフラワー、ボビンレース、創作粘土工芸展示。

1999年
平成11年

◆千葉三越、趣味展に出品。
◆ 京成バラ園 ローズショップにて作品委託。

2000年
平成12年

◆新宿パークタワーアートフェスティバル出展。

2001年
平成13年

◆東葉高速 八千代緑ヶ丘駅前緑ヶ丘ガーデンプールにて教室開催。


2002年
平成14年

◆ダイエー津田沼店手作り展出展。

2003年
平成15年

◆ダイエー津田沼店手作り展出展。
◆千葉そごう手作り展出展。

2004年
平成16年

◆ダイエー津田沼店手作り展出展。
◆千葉そごう手作り展出展。


2005年
平成17年

◆新宿パークタワーアートフェスティバル出展。
◆千葉そごう手作りギャラリー出展。
◆津田沼ダイエー手作り展出展。
◆ホームページを立ち上げました。


仕切り線